社会福祉法人 四街道市社会福祉協議会 文字サイズ 
ボランティアセンター
ボランティアセンターからのお知らせ
ボランティア活動は
自らの意志で、自分でできることを、周りの人たちと協力しながら、無償で行う活動のことをいいます。趣味や特技を活かして気軽に参加できるものから専門的な分野まで、また、団体での活動、個人での活動など幅広い活動があります。
社会福祉協議会では、ボランティア活動の総合的な相談窓口・ボランティアの活動拠点として、ボランティアセンターを総合福祉センターの3階に設置しています。

ボランティアセンターの役割
ボランティアセンターでは、ボランティアコーディネーターがボランティアに関する様々な相談に応じるとともに、ボランティアの支援を必要としている人と活動したい人をつなぐ役割を担っています。
ボランティアセンターには、その他にも次のような役割があります。
各種講座の開催
ボランティア養成講座(新しい担い手を要請するための講座)
ボランティアフォローアップ講座(現任ボランティアに向けた講座)
小学生・中学生・高校生を対象とした体験事業・講座
ボランティア情報の提供
ボランティアセンターでは、ボランティアについてのいろいろな情報や資料を集約しています。
また、ボランティア情報紙「てと手」を年に4回発行し、市民のみなさんにボランティア活動の紹介やボランティアの募集情報などを発信しています。
ご存知ですか?
~ボランティア情報紙「てと手」~
ボランティアセンターでは、ボランティア情報紙「てと手」を年4回(4/15,7/15,10/15,1/15)発行して、ボランティアに関する情報提供やボランティア活動の紹介・啓発をしています。
ボランティアやったるDAYの開催(ボランティア活動相談)
ボランティアセンターに登録している各種団体の活動を紹介します。
様々な活動の中から、ご自身に合った活動が探せます。
(年4回開催:1月・4月・7月・10月)
ボランティア登録
個人登録と団体登録があります。
現在、ボランティアセンターには80団体、2,096人が登録しています。
ボランティア保険の加入
活動するうえでボランティア保険に加入することはとても重要です。
ボランティアセンターに登録することで保険に加入できますので、安心して活動することができます。
その他の支援
活動場所の提供、器材の貸し出し、ボランティアグループ間の調整等

ボランティア活動には、一般的に4つの原則があります
ボランティアの4原則
1.自発性……自ら進んで活動する
2.無償性……見返り(報酬)を求めない
3.社会性……誰か(何か)のために活動する
4.創造性……何を望まれているのか考える より良い活動を考える

活動にあたっては、次のことがとても大切になります
活動の心構え
 ◆約束は必ず守り、責任を持って活動する
  「どうせボランティアだから…」という気持ちではなく、引き受けたことは責任を持って約束を果たしましょう。

 ◆相手の気持ちを大切にして、相手に頼まれたこと、望まれていることをする
  頼まれたこと以外のことは、相手の了解を得てから行いましょう。

 ◆自分のできること、できる時間を明確にして、無理をしないこと
  無理をすると長続きしません。できないこと、無理をしないとできないことは、初めにきちんと断わりましょう。

 ◆家族や職場の理解を得る
  いざというとき、家族や周囲に迷惑をかけたりしないよう、理解を得ましょう。

 ◆自分の活動を振り返り評価し、より良い活動につなげる
  次も気持ちよく活動できるために、今日の活動を振り返りましょう!

以上のようなことを頭に入れて、相手にとっても自分にとっても、気持ちの良いボランティア活動を少しでも長く続けていきましょう。
ボランティアセンターはそんな皆さんのお手伝いをします。
四街道市社会福祉協議会 ボランティアセンター
総合福祉センター3階
電話 043(421)6300
時間 月~土曜日の9:00~17:00(日曜日・祝日・年末年始は休み)
戻る 最初のページに戻る
社会福祉法人 四街道市社会福祉協議会
 お問い合わせ  アクセス  プライバシーポリシー  サイトマップ
All Rights Reserved, Copyright(C) 2021, YOTSUKAIDO CITY Council of Social Welfare