四街道市社会福祉協議会

みんなで助け合い、支え合い、安心して、いきいき暮らせるまち四街道

資金の貸付

生活福祉資金貸付制度とは、金融機関など他から資金を借り入れることが困難な低所得者に対して、その世帯の経済的自立と生活意欲の助長促進を図ることを目的として、昭和30年に「世帯更生資金貸付制度」として創設されたものです。

四街道市社会福祉協議会では、申込書の受付、事前審査、資金の交付などを行っています。

生活福祉資金貸付制度

(1)生活福祉資金
低所得世帯(資金の貸付並びに必要な援助及び指導を受けることにより独立自活できると認められ、かつ、資金の融通を他から受けることが困難な世帯)及び障害者や日常生活上介護または療養を要する65歳以上の者のいる世帯に貸付を行うものです。

(2)総合支援資金
失業や収入の減少により、生計の維持が困難となった世帯に対し、再就職までの間の生活資金として一時的な貸付けを行うものです。

(3)不動産担保型生活資金
一定の居住用不動産を有し、将来にわたりその住居に住み続けることを希望する低所得の高齢者世帯に対し、当該不動産を担保として生活資金の貸付けを行うものです。
ただし、貸付対象は、不動産(土地のみ)の概算評価額が1,000万円を超える場合です。

申込み
担当地域の民生委員を通じ、各市町村社会福祉協議会へ
(総合支援資金及び長期生活支援資金は、市社会福祉協議会へご相談ください。)
保証人 原則、県内に居住する連帯保証人を必要とします。

※詳細については市社会福祉協議会事務局までお問い合わせ下さい。

四街道市社会福祉協議会事務局
〒284-0003 千葉県四街道市鹿渡無番地 総合福祉センター内
電話 043(422)2945 FAX 043(422)2807
相談時間 9:00~17:00

Top