四街道市社会福祉協議会

みんなで助け合い、支え合い、安心して、いきいき暮らせるまち四街道

社会福祉協議会とは?

社会福祉協議会とは…

社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動の推進を目的とした非営利の民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置されています。  社会福祉協議会は、それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加・協力のもと、地域の人びとが住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざしたさまざまな活動をおこなっています。たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや市民活動の支援、共同募金運動への協力など、全国的な取り組みか ら地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。


会費について~皆さんの会費が支えです~

500円の使い道

 

社会福祉協議会は皆さんの会費や寄付・補助金・共同募金の配分金等を財源として、皆さんがお住まいの地域における福祉を高める事業や活動を行っています。私たちは、より多くの皆さんに福祉に 関心を持っていただき、市民の皆様全員にに参画していただきたいと思っています。

会費の使途などについては、右にあります画像のファイルをご参照ください。なお、同じデータを会費の領収書裏に掲載しています。

(画像をクリックすると拡大表示します。)会費500円の使い方



四街道市社会福祉協議会設立の経過

四街道町は、昭和30年3月に当時の千代田町と旭村が合併して誕生して以来、民生委員を中心に組織され活動が開始されました。業務は共同募金、歳末たすけあい運動とともに、昭和32年には第1回金婚式、敬老会や戦没者慰霊祭への協力等の行事を行っていました。 その後、昭和46年に福祉団体の協力を得て福祉組織の連絡体制を整え、任意団体として「福祉会」として設置され、翌年の昭和47年には「四街道町社会福 祉協議会」に名称が変更されることとなりました。 しかしながら、相変わらず町職員(住民課)が兼務で事務を取っていたことから、社会福祉協議会本来の性格を発揮するまでに至りませんでした。昭和50年 に入って首都圏のベッドタウンとして次々に大型団地の入居とともに人口の急増、住民の福祉ニーズの多様化などから民間の福祉団体である社会福祉協議会の充実・発展の気運が盛り上がり、昭和51年から52年に亘って先進地の視察や設立準備委員による法人化へ向けての具体的準備を行いました。

昭和46年 4月 1日  福祉会設立
昭和47年 4月 1日  四街道町社会福祉協議会に改称
昭和51年11月 6日  役員及び民生委員全体会議開催、法人化決定 ふくし四街道創刊号(昭和52年7月発行)
昭和52年 4月18日  法人化設立準備委員選出
昭和52年 4月28日  法人化設立準備委員会開催
昭和52年 5月 9日  準備委員による先進地視察
昭和52年 5月24日  法人化についての区長会議開催、準備委員6名追加委嘱
昭和52年 8月     会費(年300円以上)納入受付開始

民間としての福祉活動の充実と地域住民の参加による福祉活動を推進するため、法人化へ向け設立準備委員会を設置して、慎重に審議した結果、社会福祉 法人 として設立することとなりました。同時に全戸を会員とすべく区長会議等の開催や事務局体制を確立するための専任職員の確保も併せて行ったもので、昭和52 年12月7日に厚生大臣の認可を受け、昭和53年1月9日には登記を完了し、名実共に「社会福祉法人 四街道町社会福祉協議会」が誕生したのです。  その後、事業拡大等に伴って定款の一部変更を行うとともに、昭和56年4月1日には市制が施行されたことによって「社会福祉法人 四街道市社会福祉協議 会」に名称を変更し、今日に至っています。
昭和52年 8月 1日  申請
昭和52年12月 7日  認可
昭和53年 1月 9日  登記完了
社会福祉法人 四街道市社会福祉協議会誕生

(写真はふくし四街道創刊号:昭和52年7月発行)

Top